使用済み切手でも買取OKって知ってる?

使用済み切手は、人気のある収集分野です

使用済み切手は、郵便料金の支払手段としての役割を終えていて支払手段としての価値を失っていますが、コレクターにとっては魅力的な収集品にもなっています。それは、切手よりも消印に興味を持って収集しているコレクターがいるからです。ありふれた消印であれば、殆ど価値はありませんが、珍しい消印であれば、高額に評価されることがあります。
高く評価される消印とは、それ自体が珍しいタイプの消印であること、消印の年月日が特別に意味のある日であること、消印の局名が特別な意味を持っていることなどですが、消印が中央に押されていて、文字が鮮明に読める必要があり、台となる切手が破れたりしていないことも、必要な条件になります。高く評価される使用済み切手は、難しい条件を満たしたものに限られます。

高価な使用済み切手の事例とは?

抽象的な説明では分かりにくいと思いますので、具体的に高く評価されるはずの使用済みの事例について、いくつかを紹介しましょう。第二次大戦の終戦日の消印のある使用済み切手は、特別な日の消印として認識されます。さらに、終戦日であるだけでなく樺太の局名の消印であれば、注目度が一気に上昇します。このような特別な意味を持つ消印は、文字が鮮明に読めることが必要不可欠ですので、切手の中央に消印が押されていて、文字がかすれたりしていないことが重要です。
使用済み切手の大部分は、このような特別性に欠け、消印も端に押されていて、文字を全部読めないのが普通であって、そのような普通のものは、無価値ではありませんが、高く評価されることもありません。ただし、ありふれた使用済み切手であっても、安く切手を収集したいコレクターもいて、安いながらも金銭的価値を持っています。