もしかしてあなたの家にも高額切手があるかも!

数十円の切手が実は希少価値の可能性!?

手紙などを送るときに必要不可欠な切手、数十円で買えてしまう切手ですが、販売されている切手の中には希少価値が付きプレミア価格で取引されている切手があるということをご存知ですか?
切手を売却するのときに示される額面は通常の切手の場合たいてい購入金額より安くなってしまいます。しかし、発売数が少ない、流通していないなどの様々な理由からこの額面が切手の金額よりも高額になっている、いわゆる高額切手と呼ばれるものが存在します。切手コレクターや収集家が喉から手を出してほしがるような高額切手、時には切手に全く興味のない人の家で眠っていることもあるんです。家の引き出しに入れっぱなしの古い切手があるなら、一度1枚1枚確認してみてはいかがでしょうか。

こんな切手が高額で取引される切手です!

それでは、高額でやり取りされている切手の種類をいくつかご紹介します。
まず、切手市場で高額なやり取りをされる切手は1955年以前に販売されているものが多くあります。それ以降の切手にもプレミア価格がついているものもありますが、数百円から多くて数千円程度の額面がほとんどです。しか1955年以前の切手だと、中には数十万で買い取ってもらえる切手も存在するんです。たった1枚の切手を売るだけで数十万手に入るなんて、夢のような話ですね。
他にも、高額で取引されている切手は色々あります。切手コレクターの中にも流行が存在し、その価値は日々移り変わっているのですがいくつかの種類は常に変わることなく人気を集めています。例えば1876年頃から十数年ほどの間に発売された切手は、印刷機が導入され大量に発行することができるようになった時期に売られていた切手で、印刷技術向上の歴史に触れることができるため人気を呼んでいます。
このように切手の価値はデザインや希少性だけではなく、その歴史的背景にも起因しています。一見何気ない普通の切手でも高額な価値がついている可能性があるのです。